助産師です、人は見かけによりません


by gl78zx1qly

河口16キロ上流でも水位急上昇=40センチ、利根川で−茨城(時事通信)

 千葉県銚子市の利根川河口から16キロ上流の茨城県神栖市太田で、気象庁が津波を観測した2月28日午後、水位が40センチ上昇していたことが1日、国土交通省利根川下流河川事務所の調べで分かった。同事務所は「利根川の水位が下流から急激に上がることは通常ない」としており、チリで起きた大地震に伴う津波が原因とみている。
 同事務所によると、利根川河口では28日午後2時20分ごろから水位が40センチほど急激に上昇。河口から16キロ上流の神栖市太田の観測点でも同3時ごろから水位が急速に上がり始め、30分後には40センチ上昇した。 

【関連ニュース】
【特集】ハイチ大地震取材体験記〜被災地の1週間〜
〔写真特集〕ハイチ大地震
〔写真特集〕2010年チリ大地震〜日本にも津波〜
津波警報をすべて解除=17時間半ぶり、注意報は一部継続
岩手、高知で1.2メートル=太平洋側各地に津波-65万世帯に避難指示・勧告

海沿い列車の運転取りやめ=大津波警報などの発表で−JR各社(時事通信)
4氏の争いに=石川知事選(時事通信)
145センチの津波観測=大槌町の潮位計で−岩手(時事通信)
普天間県内移設反対で意見書=沖縄県議会24日可決へ(時事通信)
<福知山線脱線事故>検察審査会、遺族から意見聴取(毎日新聞)
[PR]
by gl78zx1qly | 2010-03-04 01:46