助産師です、人は見かけによりません


by gl78zx1qly

永ちゃん訴えたものまねタレントが敗訴 「ものまねは芸で評価」(産経新聞)

 ロック歌手の矢沢永吉さんが「名前を無断で利用された」とホームページ(HP)上で記載したことで、名誉を傷つけられたとして、矢沢さんのものまねをするタレント、石山琉大さんが矢沢さん側に3千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が25日、東京地裁であった。斉木敏文裁判長は石山さんの訴えを棄却した。

 石山さんがHPに「矢沢永吉が唯一認めたものまねタレント」と書き込んだことについて、矢沢さん側が「全くの事実無根」と否定したことが、社会的評価の低下につながるかどうかなどが争点となっていた。

 斉木裁判長は「一般視聴者は、ものまねタレントが本人の承諾を得ているかどうかではなく、芸が本人に似ているか、いかに面白いかを評価している。本人が『唯一認めた』か否かでは左右されない」と述べた。

 この問題では、矢沢さんが平成19年、名前を勝手に利用されたとして1千万円の賠償を求め、石山さんを提訴。石山さんも提訴で精神的苦痛を受けたとして、矢沢さんに1億円を求める訴訟を起こした。昨年7月には石山さんが詫び状を提出し、50万円を支払うことで和解が成立していたが、石山さんは昨年10月に今回の訴訟を起こした。

【関連記事】
「正義って何ですか?」永ちゃんvsものまね芸人の仁義なきバトル
矢沢永吉とモノマネ芸人のトラブル泥沼化
眞鍋かをり、訴訟後初公の場に笑顔で登場「頑張ります」
YOSHIKI怒コメント「信頼関係踏みにじられた」
ビョンホン、9時間事情聴取「全て話した」
あれから、15年 地下鉄サリン事件

<EPA看護師>国家試験に3人が合格 狭き門に批判も(毎日新聞)
普天間 米、現行案履行要求へ 下旬の外相会談 変更なら継続使用(産経新聞)
埼京線の一部が運転再開、山手線内回りなど運転見合わせ続く(産経新聞)
<倉本聰さん>優れた教師育てよう 北海道教育大で演劇授業(毎日新聞)
<子ども手当法>成立 6月から支給(毎日新聞)
[PR]
by gl78zx1qly | 2010-04-01 02:21